【尿道炎】淋菌・クラミジアによる尿道炎の症状|尿道炎の頻尿症状

 

この記事を書いている人 - WRITER -

頻尿の原因・症状は様々ですが、今回は頻尿の原因の一つである『尿道炎』についてお話していきたいと思います。

尿道炎の原因とは

尿道に細菌が入り込み炎症を起こしてしまうことを尿道炎といいます。

炎症の原因とされている主な細菌は、淋菌、クラミジア、マイコプラズマ、ウレアプラズマなどで、性行為の際に感染すると言われています。

特に急性尿道炎のほとんどが性感染症(STD)になります。

菌の量や種類によって変わってくるため、1回の性行為で必ず感染するというわけではありません。

また、細菌性のもの以外にも雑菌が尿道炎の原因になることがあります。

雑菌の場合、性行為後に排尿することで、雑菌が流れでるため雑菌性尿道炎は起こりにくくなります。

女性が男性にオーラルセックスを行うと女性の咽頭に存在している淋菌が尿道に感染する恐れがあります。

尿道炎の症状とは

尿道炎の症状は女性に出にくいと言われており、自覚症状がないために知らず知らずのうちに男性に感染させてしまっているケースがとても多いです。

また、男性よりも尿道が短い女性は、尿道炎のみならず、膀胱炎も併発している可能性が非常に高いです。

男性の場合、尿道炎になると菌によって潜伏期間、発症、症状が異なります。

淋菌感染による尿道炎の症状

症状が最も分かりやすく重いのが淋菌感染による尿道炎になります。

感染してから1週間以内に発症します。

強い排尿痛、尿道口は赤くなったり、腫れあがります。

また、濃度の強く、黄色っぽい膿がでるため下着が汚れるほどです。

淋菌は性行為以外での感染はほとんどありません。

また、症状が悪化してしまうと前立腺炎や精巣に負荷がかかるため、不妊につながる恐れがあります。

クラミジア感染による尿道炎の症状

3週間以内発症するのがクラミジア感染による尿道炎になります。

排尿痛も軽く、濃度が少なく、色も透明な水っぽい膿がでます。

淋菌感染よりも症状は軽いものの、尿道のかゆみ、違和感、排尿痛が伴います。

男性よりも症状が出にくいものの、女性は白っぽいおりものや出血、性行為時に違和感があります。

マイコプラズマ・ウレアプラズマ感染による尿道炎の症状

5週間以内に発送するのがマイコプラズマ・ウレアプラズマ感染による尿道炎になります。

症状は、クラミジア感染とほぼ同じで排尿痛も軽く、濃度が少なく、色も透明な水っぽい膿がでます。

淋菌感染よりも症状は軽いものの、尿道のかゆみ、違和感、排尿痛が伴います。

検査を行ってもクラミジアが検出されず、症状が続いている場合はマイコプラズマ・ウレアプラズマ感染が疑われます。

尿道炎の病院での検査方法と薬

問診後、尿検査を行うのが一般的な流れとなっています。

尿道炎は淋菌が原因でない限りほとんど表面に症状が現れることがないため、下着を脱いでの検査を行う可能性は非常に少ないです。

昔は尿道に綿棒を入れて原因菌を採取する手法でしたが、近年そう言った方法はありません。

尿道炎は細菌が原因のため、1〜2週間、抗生物質の服用による治療になります。

しかし、淋菌性の場合内服薬では効果が見られず、短期治療が好ましいため、筋肉注射や点滴での治療になります。

女性の方も同様の検査方法と治療方になります。

検査後、細菌による尿道炎が診断された場合、パートナーにも感染している可能性が非常に高いため、再発防止のため必ず2人で治療を行いましょう。

尿道炎の原因と症状・薬(市販薬)のまとめ

尿道炎は、女性よりも男性に症状がでる可能性が非常に高いです。

尿道に淋菌、クラミジア、マイコプラズマ、ウレアプラズマなどの細菌が入り込み、炎症を起こします。

原因のほとんどが性行為による性感染症(STD)によるものです。

発症が最も早く症状も重い感染症が、淋菌によるもので、尿道口が赤く腫れたり、排尿痛、黄色い濃度の高い膿がでます。

症状が重いため、注射などでの短期的な治療になります。

クラミジア、マイコプラズマ、ウレアプラズマによる感染は症状が似ており、治療も抗生物質の服用になります。

尿検査によりクラミジアが検出されず、症状が続いた場合、マイコプラズマ、ウレアプラズマが感染菌である可能性が高くなります。

性感染が原因での尿道炎の場合には、必ずパートナーと共に治療を進めていきましょう。

どちらかに菌が残ったままだと再発の恐れや治りにくくなります。

尿道炎は悪化してしまうと不妊の原因にもなってしまうため、早期治療で完治させましょう。

この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© 頻尿(尿漏れ)の薬|原因と対策 , 2017 All Rights Reserved.